甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

伸ばすほめ方・伝わる叱り方

思春期になると「ほめ言葉」が効かなくなる?

投稿日:

いつもありがとうございます。

思春期がラクになる!親子の会話アドバイザー 市川弘美です。
 
『思春期になると「ほめ言葉」が効かなくなる?』
 
 
子どもは小学2~3年くらいまでは、ほめられると嬉しくてがんばっちゃいますよね。
 
そのほめ言葉も、年齢が上がるにつれて、ほめ方のバリエーションが必要になってきます。
 
それを実感したできごとが、先日ありました。
 
息子は小学5年生。
学校から帰って間もなく、漢字ドリルをしているのを見て、声をかけたときの会話です。
 
 
母「ヒロ、ここんところ、漢字をコツコツやってきてるから大丈夫やな」
 
子「ちょっと、だまっといてくれる ( ̄^ ̄)」
 
母「・・・」 (え!?Σ(゚д゚;))
 
 
思いっきり!ウザがられました(笑)
 
まぁ私も、「ほめて、がんばってくれると良いなー」なんてちょっとシタゴコロが出ちゃったんですよね。
 
子どもはそういうビミョーな親の心を読みますよね。
 
 
「漢字ドリルしてんだね」とひと言、認める声かけだけにしておけば良かったかなぁと反省。
 
 
むずかしい年ごろに悪戦苦闘しています(^_^;)
 
IMG_4910.JPG
 
 
 
 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-伸ばすほめ方・伝わる叱り方
-,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.