甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

ブログ

感謝と奇跡~日曜礼拝に行きました。~

投稿日:

 

神戸には、教会がたくさんあるように思います。

息子の小学校区内だけでも3つ。
駅から私の自宅までの道のりに3つ。

感覚的には、多い所だと数百メートルごとに、教会が建っているようです。

教会の鐘の音が、毎日の朝夕に響いていますよ♪

これも神戸の文化ですね。

 


※神戸栄光協会。

 

さて、夏休みも終わりに近づく8月26日、教会の日曜礼拝に参加しました。

讃美歌を歌い、聖書を音読し、祈りをささげる。
厳かな中にも、温かい空気の流れを感じる礼拝でした。

説教と呼ばれるお話は、キリスト教学校の先生による「奇跡」について

 


※神戸栄光協会の礼拝堂。

 

夏といえば「宿題が終わっていなくて、神にもすがる思いだった」ことを思い出されるそうです。

「このまま明日になって、朝起きたら宿題が全部終わってるんじゃないか」と。

 

そんなことあるわけないのに、なぜかそうなっていますように、って祈りますよね!神さまに。
ということは、自分の心の中に「神さま」が存在するということ。

人の心に神さまが存在すること自体が「奇跡」だと、おっしゃっていました。

今日、こうしてここで与えられた「出会い」も一つの「奇跡」だと。

 

夏休みにできたこと・できなかったことはあるけれど、今こうして健康でいられることには感謝している。
感謝できることも「奇跡」なんだと。

私の解釈ですが、このようなお話でした。

 

「今日、ここ教会に来たくても来られない人にも思いをはせる」というお話も印象的でしたね。
恥ずかしながら、そんなことは、あまり考えたことはなかったので。

 

参加した礼拝は、「ジュニアチャーチ礼拝」と言って中学生~18才の青年向けで小礼拝堂で行われたもの。
お話がとても分かりやすかったので、良かったですよ。

礼拝が終わったときには、気持ちや穏やかになり、心静かな自分を感じていました。


※礼拝堂の入り口

 

祈り、出会い、感謝・・・これらはすべて「奇跡」。

「奇跡」というのは、私たちの”日常”にたくさん起きているんですね。

 

・神戸栄光教会はこちら。
http://kobe-eiko.com/
1886年ランバス氏により創設。
1995年阪神淡路大震災で全壊。全壊後も、日曜礼拝は欠かさず守ってきたそうです。
再建し2004年に竣工。

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-ブログ
-, , , , ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.