甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

伸ばすほめ方・伝わる叱り方

ほめるのが苦手で、子どものほめる所も見つからないんですけど、どうしたらいいですか?その②

投稿日:

いつもありがとうございます。

思春期がラクになる!親子の会話アドバイザー 市川弘美です。

『ほめるのが苦手で、子どものほめる所も見つからないんですけど、どうしたらいいですか?その②』

ほめるのが、苦手。

ほめる所が、見つからない。

ということは、子どもをほめたい! ってことですよね。

こんなときは、2つのことをご提案しています。

1つめはこちら。ムリにほめようとしなくても、そのまんまで十分!でした。

2つめは、「ほかの子どもと比べない」、つまり「その子なりの成長を認める」ことです。

ほめる対象が、ほかの子どもと比べて上手くできていたり、ママの期待以上だったら、とかがポイントになっていることはありませんか?

赤ちゃんでハイハイする時期、つかまり立ちができる時期、成長はその子でちがっていて、それぞれですね。

子どもの成長は、その子の1週間前、1か月前、3か月前、そして1年前と比べて、成長しているところを見てあげましょう。

小学校に入って1年たてば、ひらがなを全部おぼえ、漢字もいくつも書けるようになりますね。

なわとびは、10回から30回くらい飛べるようになっているかもしれません。

折にふれて、その成長が嬉しいことを、子どもに伝えましょう。

「いつの間にか、ひらがな全部おぼえたね」

「今日は漢字2個練習できたね」

「なわとび、一生懸命練習したんだね。37回までいってるわ。 ママも嬉しい^ ^」

こんなふうに声をかけられると、子どももきっと嬉しいでしょうね!

また、目に見える成長だけではなくて、心の成長も感じられることはありませんか?

我が家は小5の息子がいますが、朝、パジャマから洋服に着替えるときに、おなかをくすぐったら、

「ウザイ!やめろ!」とマジ顔で怒られてしまいましたσ(^_^;)

1年前なら、キャッキャと笑って喜んでくれたんですけどね。

これも成長しているあかしでしょう♪

ほめる所がないなぁと悩むときは、その子の成長を認めて声をかけましょう。

必ず成長していますし、あらためて確認できると喜びもひとしおですね。

子どものほうはママに認められると自己肯定感がアップし、もっとがんばろうとモチベーションも上がるでしょう。

image

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-伸ばすほめ方・伝わる叱り方
-,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2019 All Rights Reserved.