甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

伸ばすほめ方・伝わる叱り方

「しつけ」は、一緒に楽しく過ごしているときが、一番効果的。

投稿日:

 

明日、神戸市の幼稚園で講演をさせていただきます。

お話する内容を、パワーポイントでまとめていて、改めて感じました。

 

叱るのも、ほめるのも、タイミングだなーって。

特に「しつけ」のときは、できていないときに、「〇〇〇しなさい」と叱っても、子どもの耳にも心にも入りません。

 

例えば、食が細くてあまり食べない子が、食事の始まりに「たくさん食べようね」と声をかけられれば、子どもはプレッシャーを感じるだけかもしれませんね。

公園で遊んだ帰り道「楽しかった!」と笑っているとき、「おなかすいたね」と言われれば、いつもより美味しくたくさん食べられそうな気がします。

 

「しつけ」というと、わたしたちは、子どもが出来ないときに、それを直そうとして、しつけようとします。
でも、それは実は逆効果で、反発を招くばかり。

しつけるのは、子どもと一緒に楽しく笑って過ごしているときが、ベストタイミングです♪

 

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-伸ばすほめ方・伝わる叱り方
-, , , , , ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.