甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

ゲーム機2台いる?上の子がゲームを買ったら下の子もほしいと言い出した。

投稿日:

こんにちは!

思春期をラクに!10才までの親子の会話アドバイザー 市川弘美です。

クリスマスシーズン、お子さんは、サンタさんに「〇〇ください」って手紙とか書きましたか?

上の子がゲームを持っていて、下の子も興味をもち出し、サンタさんに

「DS/WiiUをください」

と書いてしまった。

これ、どうしましょうか。

・上の子と下の子と別々にいるのか?

・2台もいらない、一緒に使ってほしい。

・ケンカになるから、別々あったほうがいい。

・上の子はそろそろゲームを卒業しそうだから、下の子にはお下がりを使わせる。

・いつもおさがりだから、クリスマスくらいは新しいのを買ってあげよう。

こんな風に考え方はいろいろですね。

ゲームにかぎらず、上の子が持っていたら下の子は同じものを欲しがることって、多いですよね。

こんなとき、子どもが欲しいというモノを買うのは、甘やかしや過保護にはならないと思います(^_^)

モノにもよるけれど、おさがりをということになれば、下の子は上の子が持っているモノは、基本おさがりになってしまうことが多いですね。

(2番目より下の宿命といえば宿命なのかもしれないけれど。)

「はい、コレで」と渡されたものがおさがりだと、「またか!」とすねたくなったり。

「大切にしてもらっていない」と感じたりもあるかな。

「上の子も下の子も、分けへだてなく、」というのが親心。

そうはいかない現実もあるわけで。。。

迷ったら、パパと夫婦で話し合うのが良いかなと思います。

それに、よその家庭ではどうしてるかなって気になるかたは、こちらでいろいろ聞いちゃいましょう(≧▽≦)

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-, ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.