甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

ゲームの攻略本をおこづかいで買うのに、足りない分を出してほしい。と息子にお願いされて。

投稿日:

こんばんは!

思春期をラクに!10才までの親子の会話アドバイザー 市川弘美です。

ここのところ、子どものゲームのことを連日記事にしています^ ^

12月15日(木)に「子どものゲームの悩みを一気に解決!~遊ばせ方と時間管理~」と題してお茶会をします。遊びに来てくださいね。

さてさて、今日はおこづかいのお話です^ ^

「ゲームの攻略本を買うから、おこづかいが足りないので出してほしい」

とさっき息子に頼まれました。

もちろん、ふつーにYesですよ(*^ー^)ノ

「おこづかいが足りないので出してほしい」

と子どもにお願いされたら、足りない分だけを出してあげればいいと思いまーす^ ^

このときのポイントは、

いいよ~とだけ言うこと。

「今回は出してあげるけど、次回からダメよ。」

「ちゃんとやりくりしなさいよ」

「大切に使ってる?」

「本当にソレ必要なの?」

こんな風にあれこれと注文や口出しをしないでおきましょう。

例えば、もしも、あなたが夫に、

「今月は食費が足りないから、2万円余計に必要なので出してほしい」

とお願いしたときに、「何に使ったの?」とか「大切に使えよ」とか言われたら。。。。

 

例えばのはなしだけど、お金の使い方を口出しされるってそんなかんじです。

お金に限らず、お願いごとに結果Yesのばあいは、最初から気持ちよく「いいよ~」とだけ了承するのが、お願いしたほうもされたほうも気分がいいですね♪

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-, , ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.