甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

「子どものため取られる時間」は誰のもの?”ひとに対してイラッ!ムカッ!が減る方法”

投稿日:

いつもありがとうございます。
思春期がラクになる!親子の会話アドバイザー 市川弘美です。
 
育児に家事に忙しい日々、バタバタしてるときに限って、
 
「ママ~体操服がない」
「明日、図工でダンボールがいるんだってー。」
 
 
そんな声が聞こえてくると、
 
「あーーーもぉ!ぜんぶ自分でできるでしょ!」
 
と叫びたくなります。
 
こんなとき、イラッ!、ムカッ!、が減る方法があるそうですよ。

 
 
子育ても全く同じですよね。
 
子どものために取られる時間は、子どものものではなくて、自分のもの。
子どものお世話も、公園で遊ぶのも、宿題を見るのも、すべて、
 
「自分がそうすると選択してきめた時間」ですね。
 
イラッ!ときたら、「だれの時間?」と自分に問いかけると、ひと呼吸おけるかもしれません。
 
 
 
 
音符関連記事
 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-, , ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.