甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

我が子とのきずなが強まる〇〇〇のススメ。

投稿日:

さいきん、子どもとのスキンシップがへったなぁ。。。と感じることはありませんか?

今日は、「大きくなってもマッサージ」のススメについて、お伝えしますね。

うちでは、ムスコが赤ちゃんのころは、「スキンタッチ」という小児ハリを応用したマッサージを、よくしていました。

スプーンと歯ブラシでお腹やあたまをマッサージするんですが、子どもがいつも気持ちよさそう~にしてそのまま寝たこともたびたびでしたよ。

それから、月日はながれ...だけど、この寝る前のマッサージを、私も子どもも、なぜかやめられずに、今にいたっています。

うちのムスコは今、小4で9才。

夜寝る前には、
「マッサージ、カモ~ン」(^O^)/
とわたしを呼んで、マッサージをせがみます。

足の裏やふくらはぎ、頭と耳のうしろのリンパとかを、さすってやるんですね。

ふだんは、子どもは反抗するしわたしも怒るし、親子バトルもふつーにやっています(^ ^;)
そんな日々でも、一日の終わりにたった数分マッサージをするだけで、お互いに少し距離を取り戻せるように思うんです。

わたしが実感していることは、
◎マッサージをするわたしのほうも、子どもの肌をさわりながら、実はいやされる~。

◎昼間ニクタラシイと思ってても、夜は我が子がいとおしーくなる。
ベビーマッサージをして、子どもが可愛く思えたというかたも、多いんじゃないかな。

◎ケンカしても子どもとの距離がちぢまる。

◎親子のきずなが強まる。

気が付いたら、抱っこも手をつなぐこともなくなってくる年齢。
ベビーマッサージならぬ、キッズマッサージはどうですか?

寝顔を見ながらゴメンもアリだけど、起きてるうちにスキンシップっていうテもありますね。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.