甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう 聞き上手で気持ちを受け止めよう

子どもの寝つきが良くなる習慣

投稿日:

 

子どもがお風呂から上がっても、なかなか寝なーい。
そんなとき、こんなふうに、だんだんと声が大きくなっていませんか?

 

「何やってるのぉ。早く寝るのよ~」

「早く寝なさいよ。」

「いいかげんにしなさい!」

「早く寝なさい!」

 

あるある~ですね!

 

子どもを観察していると、眠れない理由はおもにこの2つのようです。

・まだ遊び足りなくて不満。
・ママに叱られたままで不安

逆に言うと、

・満足した。
・安心している。

この2つを満たしていると、子どもはストンと寝つくということですね。

そのために、子どもが寝つく環境をつくりましょう。

・昼間は外で思いっきり遊ぶ。
・夜も部屋で一緒に遊ぶ。

・絵本の読み聞かせをする。
・あったかい飲み物を用意する。
・リラックスできる環境をつくる。
・子どもの話を聞いたりほめたりして、子どもが安心する会話をする。

これだと、子どもはあれこれ考えるヒマもなく眠たくなったり、リラックスして眠くなったり、しそうですね。

環境をつくることは、「早く寝なさい」のひと言よりも、数倍手間も時間もかかります。
すべてはムリでも、できることから、やってみましょう。
子どもを寝かせるまでは、結局何にもできませんからね。

それならば、子どもと関わって早く寝かせたほうが、かえってトクをするのでは?

手間がかかっても、寝てしまえばこっちのもーーん!
子どもが早く寝たぶん、ママの自分の時間がふえて、好きなことができますよ~♪

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう, 聞き上手で気持ちを受け止めよう
-, ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2019 All Rights Reserved.