甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

学校の先生に叱られて息子が感じている本音「オレは今まで、先生に叱られて思ったことは・・・・」

投稿日:

子供たちは学校で日々、先生にほめられ、そして叱られています。

最近は、叱られることも少ないかもしれないけれど。

小6息子の担任の先生は、
「市川くん、成長しましたねー嬉しいです。叱ることもまだまだありますが」
とお会いすると、必ずおっしゃってくださいます。

実際、下校途中に柿の実を取って食べて、それが学校の知るところとなり、先生に叱られたことはFacebookでお伝えしたとおり。

他にも、授業中の態度のことで、先日は緊急家庭訪問がありました><

息子が自分から話してくれることも多く(学校で叱られたことは、お家で報告するように、先生から言われているようです)
「今日は、先生に叱られた、こういうことで、かくかくしかじか・・・・」
とおおまかに、無表情で教えてくれます。

わたしは、といえば
「うんうん、そっかぁー」
とあいづちを打ちながら聞きます。

息子の言い分は必ず聞くようにしています。肯定も否定もしないで。
私が言いたいことがあるときは、息子の話を聞いたあとに伝えます。

そして、あるとき息子は私に言いました。
「オレは今まで、先生に叱られてワルイと思ったことは1回だけや!」

母、あっぜーーーん。
返す言葉もなく。

ここで、反省の色が見えないからと、

「気持ち分かるけど、先生に叱られたんだから、あなたにも非があったのよ。」とか、

 

「自分はワルイと思わなくても、それが知らない間に他人はイヤな気持ちになっていることもあるのよ」とか、
と返すべきか返さざるべきか。

実際は何も言わないで、返す言葉が見つからなかったということもあり、彼の言い分を受けたまんまになったという、甘い母なのでした。

こんなとき、あなたなら、どうしますか?

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-, , , ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.