甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

親が知らないうちに上から目線になるとき~かんしゃく~

投稿日:

子どもがかんしゃくを起こすのは、前ぶれなく突然のことが多いです。

息子が3才くらいのころ、積み木で遊んでるとき。

こちらがお手本と思って、きれいに積み上げた作品を作りました。

息子は、自身が作っていたものはやめて、私が作ったお手本に似たものを作ろうとしました。

すると、思うようにいかなくて、かんしゃくを起こして、積み木をくずしたり、投げたりしたんです。

この「お手本」が実はよくなかったのだと、後で分かりました。

親は良かれと思って作ってあげるこの「お手本」。
実は親のエゴが入ってる、と私は思います。

「こんなふうにつくればいいのよ~」って。
ちょっと上から目線ですよね。

親のお手本なんて必要なかった。だって、子どもが作りたいように作ればいいわけだから。

子どもに、親の示す「お手本」はいらないと思いました。
一緒にやってほしい、と言われれば「一緒に」作ればいいだけですよね。
そのときは、目線を子どもと同じにして、一緒に積み木を楽しめばいいですよね。

親は、自分の目線に子どもを引っ張りあげようとすることがあります。
そうではなくて、子どもの目線までおりていって合わせる方が、子育てってうまくいくと思うんです。

こちらのセミナーでは、子どもと一緒に遊ぶときに、子どもが大満足する関わり方を、学んで実践していただけます。

子どもが遊ぶのをヘタに手出しすると、子どもはかんしゃくを起こしますよね。
せっかく一緒に遊ぶ時間、親も楽しく、子どもにも大満足してもらいましょう!

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-, ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.