甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

我が子がやらかしてしまったら・・・

投稿日:

【我が子がやらかしてしまったら】

子どもの失敗。
どんなふうに子どもに関わっていますか?

子:「おかあさん、夏休みの宿題、
  持っていくの忘れてたー」

母:
「え~~~! どうしよう!!」   (慌てる)
「そんな大事なもの、なんで忘れたの!」  (責める)
「昨日あれほど、確認しなさいって言ったでしょ!」  (責める)
「よく忘れ物するんだから、困ったものだわ」   (非難)
「どうしてそんなことになったの!」   (訊問)
「こんど、忘れ物したら、お母さん知らないよ~」  (突き放す)
「忘れ物したときは、おやつなしよ!」  (脅迫)
「忘れることは誰にでもあることよ」  (励ます)

と言ったはいいけど、
子どもに言いながら、
頭の中では、

「こんなこと言っても効き目ないのは分かってるのに」
「また、怒ってしまった。。」
と自己嫌悪になったり、

「あ" ―---- 」と
落ち込んだり、 

「こんな時は見守らなくては」
と思い直したり。

私も見守るのが一番だと思います。
が、この「見守る」という言葉、
「分かりにくすぎる!」と思いませんか?

ただ見てるだけ、でもなく、
今後忘れ物をしないように見ておく、でもなく、
要らないこと言わない、でもなく、
チラ見はしておく、わけでもなく、
ときどきポイントで声をかけておく・・・かな?
では「ポイント」って?
声をかけても反抗されてばかり、の時は?

・・・やっぱり「見守る」という言葉は、
あれこれあれこれ一日中考えても、
試行錯誤でいろいろ試してみても、
「これ!」という答えが出てこないくらい、
と~~っても分かりづらい!ですね。

子どもに対して、毎日のように
慌てて怒ったり、責めたり、攻めたり、説いたり、脅迫したり、
していたわたしです。が、

「これ!」(↓写真)
で「見守る」ということが、
分かって実践できるようになりました!!

  

トマス・ゴードン著「親業」
東山紘久・東山弘子著「子育て」

見守りたいとき、

どんなタイミングでどういう言葉を子どもにかければ良いのか、
子どもが発した言葉に、どう受け応えすれば良いのか、
どういう関わり方をすれば良いのか、

あなたの疑問や戸惑いや不安を
一緒にクリアにしていきましょう!

見守ることが、
「分かる」と「できる」とは違いますね。
「分かる」&「できる」ようになる講座です。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2019 All Rights Reserved.