甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

園・学校へ行き渋るときは「朝の起こし方」を変えてみる

投稿日:

子どもが園・学校へ行くのをいやがったら、まず、朝の起こし方を変えてみるのは、どうでしょう。

母「朝よ、起きなさい」
子「・・・」

母「もぉ6時半よ、早く起きてー」
子「わかった」

母「何してるの、早く起きなさい」
子「うるさーい」

こんな感じで「起きなさい」と命令口調で子どもを起こしていませんか?

人って指示されると、やる気がうせたり、反発したくなるもの。
「朝ご飯、早く作れよ」ともしも毎朝まいあさ言われるたら、ウンザリしますね。

朝、子どもを起こすときは、

「6時半よ」

と時刻を伝えるだけで十分だと思います。

これまで何か月、はたまた何年間か続けてきて、子どもが起きなかったのなら、やり方を変えてみるのもひとつのテです。

例えば「6時20分よ」と事実を伝えてるだけなので、押しつけがましくないところがいいと思います。

「ママが忙しいから早く起きてよー」というのは、子どもにしてみたら、「そんなんかんけいない」ですね~(かつて、私がそう言われました(-"-;A)。

朝目覚めたとき、真っ先に思い浮かぶのは、大人も子どもも「今何時かな?」といこと。時刻を伝えられれば、そこからどうしようか、子ども自身が自分で考えて動き出すことでしょう。

あ、それから、子どもの反応がイマイチなとき、「聞いてんのーー!」な~んてつっつくと、うるさがられるので、気をつけてくださ~い(^-^)

週のはじめ、月曜の朝からは、

「時刻を伝えるだけ」

を意識してみてくださいね♪

◆◇お知らせ◇◆

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-, ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.