甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

やる気を引き出す関わり方

こんな時に限って子どもが「お母さん」と呼ぶのは

投稿日:

こんばんは。

コミュニケーション・インストラクター市川弘美です。

子どもが「お母さん」と呼ぶ時、

母親は、

・玉子焼きを焼いている

・コロッケを揚げている

・お風呂の掃除をしている

・電話が鳴って出ようとしている

そう、そんな時に限って子どもは母親を求めます。

そして行ってみると、

「あれ、取って」

「消しゴムがない」

「オセロやろうよ」

と子どもは言います。

母親にしてみると、手が放せない今呼ぶほどの用事でもないのに。

こんな時にに限って・・・。

でも、子どもはお母さんに”いつも”見守っていてほしいのです。

いつも自分のことを見てくれているか、気にかけてくれているか、母親の愛情を確かめたいのです。

(母親って大変ですよね。)

お母さんが見えなくなると何だか落ち着かないのでしょう。

特に、何か頑張らなくてはいけない時、

お母さんがそこにいるだけで、子どもは安心します。

心が安定して、やる気を出して頑張れます。

我が家の場合は、斜め45度位の範囲にいるだけ、が良いのかなと思います。

新聞読んだり、洗濯物たたんだり、編み物したり、雑誌読んだり、しているだけが良いみたいです。

今日もこのブログを読んで下さり、本当にありがとうございます。

コミュニケーション・インストラクター

市川弘美

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-やる気を引き出す関わり方
-,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.