甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

ブログ

家の中の熱中症予防と対策。キケンかも!な主婦の家事タイム「キッチンに立っていたら、クラッと来て頭が痛くなりました」

投稿日:

 

台風が近づいていて、暑さがやわらいでいますが、それでもテレビでは「熱中症」という言葉を聞かない日はあっりません。
今年は35度もめずらしくないくらい、酷暑ですね。

屋外だけではなくて、室内でも熱中症のリスクは高いと言われています。

主婦が家事をしていて、キケンかも!な熱中症要注意ポイントをピックアップしてみました!

 

●キッチン

「火」や「熱」があるところは、温度が必然的にあがりますね。

朝からクーラーつけるのもモッタイナイと、早朝のお弁当作りは、クーラーなしで頑張っていませんか?
5時には既に太陽が上がっていて明るく、今年はとにかく早朝から暑い!

コンロを1つ2つと点火していくうちに、体が熱くなって汗が出てきます。
夫と子供が起きたら、クーラーを付けようと、汗だくになりながら頑張ってしまうのです。

真夏にコンロ3つとオーブンを同時稼働していたら、クラッときて頭が痛くなった経験がありますよ^ ^;;
キッチンに立って、クラッとする前に、クーラーや扇風機を上手に活用して料理をしましょう。

(扇風機をかけると、コンロの火がユラユラするからダメなんですが。。。)

 

●アイロン

クーラーなしのアイロンは、汗だくーー。
扇風機の風を浴びるよう受けながら、アイロンがけをしています。

汗の量がハンパないので、途中で水分補給したほうがよさそうです。
もちろん、クーラーの効いた部屋でやるのが一番ですね♪

 

●掃除

ベランダでプランターをキレイにしていたり、お風呂場でゴシゴシと掃除に夢中になってたりすると、気が付いたら汗だくになってたーなんてことも。
掃除も休み休みしたほうがよさそうですね!

 

 

●番外編:車の中

家ではないのですが、「車の中」もキケンだと思いました。
運転していて、クーラーの設定温度が20度なのに、朝からとにかく暑い。

アスファルトは50度以上といいますし、車自体も触れない大ヤケドするほどの熱を帯びているので、その熱に囲まれて運転をしているということは、やっぱり普通ではない暑さです。

車には、ペットボトルのお茶を数本、常備しておくことをオススメします。

お茶だと常温でも飲めますし、高速道路や田舎道ですぐにお茶を買えないときにも、役立ちますよ。
遠出をした帰り道は、車にストックがあって助かったことも多々ありました。

 

クーラーをつけっぱなしにすると、「電気代」が気になります。
とにかく、モッタイナイから節約しようと頑張ってしまうのが主婦です。(私だけ?(笑))

でも・・・それって、頑張ってるんじゃなくて、ガマンしているのでは?
一家の主婦が倒れてしまったら元も子もないので、 ガマンはそこそこにしておきましょう~。

夏休みのプールや遊園地、旅行や帰省の楽しみも、私たち主婦と家族の健康があってこそ!
家の中だからと油断しないで、家事のあいまにも水分補給をしっかりして健康にすごし、夏休みを楽しみましょう♪

 

【関連記事】
◆『熱中症予防と熱中症対策にアロマ

◆『もしかして熱中症かも!?熱中症の症状とは?

◆『熱中症対策していますか?子供の屋外遊びやスポーツ試合観戦・練習に持って行きたい熱中症予防の備え。

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-ブログ
-, , , , , ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.