甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

聞き上手で気持ちを受け止めよう

「頼れるお父さん」「話せるおやじ」の子供の心シンプル掌握術

投稿日:

 

子供は、普段は母親にいろいろと頼ります。
それは、「あれが食べたい」「消しゴムがないから探して」「コレ買って」などという、日常の小さなことがほとんど。

でも、父親はちがいます。

ここぞ!という時に頼りになるのは、やっぱり「お父さん」なんです!

 

 

例えば、自由研究・自由作品の題材や作り方を、教えてほしい。

男子は、思春期になれば、母親に話しにくいことは、お父さんを頼りたいでしょう。

成人になれば就職の相談とかも、お父さんにしたいですね。

 

イザ!という大事な場面では、「お父さん」の出番なのです。
このとき子供にとって父親の存在は「頼れるお父さん」「話せるおやじ」であってほしいもの。

それは、普段こんなことをしてくれるお父さんです。

・たわいもない、どうでもいい話を一緒にしてくれる。

・話しかけたら、手を休めて話を聞いてくれる。

・一緒に夢中になって遊んでくれる。

・「それは、ちがうよ」と否定しないで、話をただ聞いてくれる。

 

何気ない会話や遊びで、つまり普段から子供と向き合うことで、子供の心を掴んでいるんですね。

向き合うというと、なんだかシンドイ感じがしますが、特別なイベントではなくて「日常を一緒にすごす」という、とってもシンプルなことです。

 

もしも、上の逆だとすれば

・アニメやゲームの話題は「しょうもない」と言って話してくれな。

・学校で「こんなことがあった」という話は聞かず、テストの点数はたずねる。

・サッカーやキャッチボールは、「疲れる」と言って一緒にしてくれない。

・子供が自分の考えと違うことを話すと「そうじゃない!」と聞く耳を持たない。

 

ちょっと、悲しい感じがします。。。

たわいもない話をしたり話を聞いたりとか、そんなカンタンなことで子供の心を掴めるの?と思われるかもしれません。
ですが、カンタンなことを頼めない人に、大事なことは相談しませんよね。

 

例えば、「そこのリモコン取って」と妻にお願いして「自分でやってよ」と言われたら。。。

「大きな荷物の宅配便を出しておいてほしい」とか、「駅まで車で送ってほしい」とか、リモコンより大きなことは頼みづらくないですか?頼むのに勇気がいったりしませんか。

あくまでも、例えばの話です^^

 

 

子供にとっても、出来事はあまり聞いてくれなくて、テストの点数はたずねてくるお父さんに、自由研究への協力を頼んだり、就職の相談をしたりすることは、難しくなるでしょう。

 

子どもと一緒に過ごす時間は、なかなかとれないのが現実かもしれません。

毎日ではなくても3日に10分、1週間に15分でも、子供と一緒にすごす時間が、あるのとないのとでは全然ちがうと思います。

 

週末やお盆休みには、ぜひ子供との雑談や悪フザケなど、日常を一緒に楽しんでくださいねー!

そして、できれば公園遊びや自由研究も、一緒にしてあげてください♪
ママも大喜びします♡

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-聞き上手で気持ちを受け止めよう
-, , , ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.