甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

伸ばすほめ方・伝わる叱り方

「しつけ」のタイミングは「できないとき」教えるのではなくて、「楽しく過ごしているとき」伝える

投稿日:

こんにちは!甘やかさないで優しいママになる!専門家

親子の会話アドバイザー 市川弘美です。

『「しつけ」のタイミングは「できないとき」教えるのではなくて、「楽しく過ごしているとき」伝える』

しつけは、できない時に説明して教えてあげる!
と多くのかたが思っていますが、わたしはそうは思いません。

楽しく過ごしているときのほうが、うまくいくんですよ。

例えばお箸の持ち方。

にぎり箸でご飯を食べているときに、「ちゃんと持ちなさい」と教えようとして、子どもがイーーってかんしゃくを起こしたりした経験はありませんか?

そして食事そのものが楽しくなくなったり。

にぎり箸になっているときに、お箸の正しい持ち方を教えようとしてもうまくいきません。
 

「しつけ」がうまくいくかどうかは、タイミングがカギです。

「できないとき」ではなくて、「楽しく過ごしているとき」がベストタイミングなんです。
 

・ひと口食べて「美味しいー」と子どもが笑っているとき
「美味しいねー^^ お箸はこうやって持とうね♪」

・ごっこ遊びで、食事シーンになったとき
「今日は、お箸の持ち方をれんしゅうしましょうか」(役になりきる)
子どもが「イヤだ」と言ったらすぐにやめましょう。

・テレビドラマで、親子で食卓を囲むシーンのとき
「あの子のお箸の持ち方、ママ好きだな」

こうして、楽しい時間にお箸の持ち方を伝えようと(教えるよりも伝えるカンジですね)すると、子どもにすんなりはいっていきます。

テレビドラマなんかは、映像で見られるから、より分かりやすいかもしれませんね。

お箸をうまく持てないときに「ちゃんと持ちなさい」って言われるのって、けっこうプレッシャーですよね。

できないことを「できてないでしょ」言われても、上手にはなりません。

勉強も脳が「快」のときが、グッと効率が上がるそうですよ。

「しつけ」は、「楽しく過ごしているとき」だと、楽しくおぼえられたり、身についたりするでしょう♪


5月26日(金)10時~12時 「甘やかさないで優しいママになる!」1day 講座を開催します!

 

募集は、今日21時配信のメルマガ(メール講座)から、先行募集させていただきます。

ブログでの募集は明日5/9(火)20時~となります。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-伸ばすほめ方・伝わる叱り方
-,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2019 All Rights Reserved.