甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘やかさないで優しいママになる

熱中症対策に!子供の屋外遊びやスポーツ試合観戦・練習に持って行きたい熱中症予防の備え。

投稿日:

 

暑くても暑くても・・・子供は外が大好き!
母はシンドイ(笑)...

夏休み、子供を連れて、プール、フィールドアスレチックや芝生広場へ行かれる予定の方もいらっしゃると思います。

子供がスポーツクラブへ入っているという方は、連日の練習や週末の試合に出かけることも多くなりますね。

そこで今回は、子供の屋外遊びやスポーツ試合観戦・練習に持って行きたい「熱中症予防」の備えについて、スポーツキッズの母をやってきた7年間の失敗の教訓も交えてお伝えします。

どれも家庭に普段からあるものばかりなので、ぜひ携帯してくださいね。

 

●うちわ
最初にうちわ!?という感じですが(笑)、コレとても重宝します。
自分で自分をあおぐのと、子供たちをあおぐのと、いつでもどこでも風の強さと風を吹かせる範囲が自由自在に、とてもフレキシブル~♪

扇風機の数は限られていますし、屋外にはないですね。

休憩の時に子供たちを「うちわ」であおぐと、気持ちよさそう~にしていますよ。
うちわであおぐ風は、優しくて心地良いですので、ぜひお試しくださいね。

 

●クーラーバッグ一式
凍らせたおしぼり、大きな保冷剤、タオルを入れて持ち歩きます。

夏場は試合だけではなくて、稽古(練習)の時も、いつも持って行くようにしています。

しんどくて体がホテるときに、よく冷えたタオルは気持ちいいです。
気持ちいいと感じるだけでも、しんどさが和らぐような気がします。

アロマオイルをタオルに垂らしておくと更に気持ち良くて、熱中症予防にも効果があるそうです。

 

 

●水分
子供の分は多めに、そして忘れてはならないのは私たち親の分も。
「稽古が終わって、帰りの車で/家に帰ってから、頭が痛くなった」という話もチラホラ聞きます。

少年剣道の稽古は夜にあり、動かないから大丈夫だと思っていましたが、夜に子供の稽古を座って見ているだけで、水分が不足するということですね。

何かと子供優先になりがちなのを、水分補給は自分たちのことも、しっかり備えるようにしましょう!

水分は1日1L~スポーツを午前午後していると4L以上飲むことになります。
(※年齢、競技、個人により差があります)
冷たいスポーツドリンクばかりだと、糖分が増えたり、体を冷やしているということにも。
常温のお茶も混ぜながら、水分補給をしたいですね。

車で移動する方は、車にはペットボトルのお茶を数本、常備しておくことをオススメします。

クーラーをかけても車の中は暑く、乗り合わせとかで人数が多いとさらに暑くなります。

試合に行った帰り道、お茶が足りないということも時々ありました。
車での移動は、夕方に渋滞すると長時間ですし、高速道路や田舎道では、意外とすぐにお茶を買うことができません。

車の中だからと油断しないで、備えは十分にしておくといいですね!

 

●陽射し対策(屋外の場合)
日焼け止めクリーム、サングラス、帽子、UVカットのパーカー

 

夏休みのお出かけや旅行、帰省の楽しみも、健康があってこそ!
この夏は特に暑くて陽射しもきついので、油断しないで、ムリもしないで、備えを十分にして、ともに健康にすごしましょう♪

 

【関連記事】
熱中症予防と熱中症対策にアロマ
View.cafeBOSSおすすめサイト「熱中症ゼロへ」はこちらをクリック

 

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘やかさないで優しいママになる
-, , , , , ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.