甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

こんな会話のあとは、宿題がすんなり終わります。

投稿日:

子どもはハンバーグが大好きなのに、「きらい」と言ったりします。
どうしてでしょう。
わたしとムスコとの会話を例にみてみますね。

子「ママ、お腹すいた。ごはんまだ?」
母「もうすぐよ」
子「もうすぐってどのくらい?」
母「えっとーあと5分くらい。」
子「今日は何?」
母「ハンバーグ」
子「えー ハンバーグきらい。」
  (本当は大好き)
母「そうだったっけ」
子「魚のフライが食べたい」
母「今日は魚のフライが食べたいのね」
子「そうだよ、ま、しかたないから、ハンバーグ食べるよ」

とか言いながら、ムスコはハンバーグのおかわりも必ずするんです。

どうしてでしょうね。
・キゲンがわるい。
・イライラしている。
・母親に何か不満がある。
・反抗的

つまり「ムシのいどころが悪い」ということなんです。
そういうときもありますね、人間だもの。

こんなときのコミュニケーションのコツは、
「相手のムシのいどころに左右されない・振り回されない」
ことですね。

そう、子どもとの会話は、こちらの記事のようにすんなりとは、うまくいかないときもあるんです。

ただ、こちらがうまくいかないと思っていても、子どもにとってみれば「ママは気持ちが分かってくれてる」って実は満たされてるんですよ。

こういうやり取りをしたあとは、意外と宿題をすんなり終わらせたりします。

母親にストレスをぶつけて、発散できてスッキリしたのもあるのかな~とわたしはカッテに解釈しています。
母はサンドバッグ状態か!?

サンドバッグになるのはカンタン♪。話を聞いてあげるだけで十分なんです。
話の聞き方に、ちょっとしたコツがあります。ちょっとしたコツを知っているか知らないかでは、大きな差が出ます。コツはこちらでお伝えしていますので、ぜひいらしてくださいね。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.