甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

子どものウソ、どうしますか?

投稿日:

子どもがウソをついたら、どうしますか?

子どものウソについては、対応をどうするか考え方がいろいろあると思います。
どうして子どもがウソをつくのか、つかなくちゃいけないのか、も考えさせられますしね。

私はこれまで、子どもがウソをついたときには、「知らんぷり」をとおしてきました。
大体気が付いた(バレてる)ものばかりだったので。

ときにはカオに書いてありますよね。
「バレたらどうしよう」って(笑)

事実が分かったときに、もしもウソを追求してたら、どうなってたのでしょう。

・バレないように、もっと知恵をしぼる。
・ウッカリ話すといけないので、話さなくなる。
・話さなくなって、秘密が多くなる。

そうなっては困りますね。

こちらが、知らんぷりをとおしていたら、

直後に「うそだよぉーー」と白状するか、
数時間後に「実はあれウソやってん」と話すか、
数日後に「あのとき、ほんまはな・・・・」と話し始めますよ。

「うん、うん、そぉー、へぇ」
とあいずちを打ちながら聞いて、最後に
「正直に話してくれて、ありがとう」と答えます。

【募集中の講座・セミナー】

★親業コミュニケーションを学びたい
★子供との関係が会話からスムーズになり、
会話の仕方や関わり方も学べます。
心と心が通い合う、親子のベストコミュニケーション講座』@神戸
☆2月6日開講中
☆募集中5月27(水)講座体験会/6月3日(水)開講

★感情をコントロールしたい!
ベストコミュニケーション・ノート 』セッション
☆自分の会話が活字になってるのを見て、「もう怒るのはやめよう」と本気で思えます。

★【開催リクエスト受付中】
子どもへの肯定的な言葉がけや、共感のしかたを具体的に知りたい!『子どものやる気を発掘してグングン伸ばす、親子のやる気UPコミュニケーション』

★人間関係講座と母親ノート法についてはこちらからお問合せください。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.