甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

子どもが可愛くないとき、愛も形から入る!?

投稿日:

子どもを本当は可愛いとおもっていない。
はっきりいって、うっとうしい。
こんなことで、母親がつとまるのだろうか。。。

そんなかたにオススメなのが、
「子どもへの愛も形からはいる」ことです。

子どもに何でも買ってあげましょう、といってるのではありませんよ。

形というのは、「会話」のこと。
子どもとの会話、つまりにコミュニケーションから、まずはこんなふうに始めてみます。

ひと言だけ、いつもとはちがう声かけをする。
子「ママ、にんじんキライ!」
母「食べないとダメでしょ」 → 「そう、キライなの」

ふだんはしないことでも、1つだけやってあげる。
子「ママ、見て~」
母「ちょっとまってね」→「な~に?」と見に行く

ところで、わたしたち大人は、「形から入る」ことも多いですね。
勉強を始めたから、お気に入りのノートとペンを買って、テンションアップ。
まずは見た目から、と洋服やアクセサリーのショッピング。

このように、見た目や形から入っていくと、いつの間にか心があとからついてくることは、多くありますね。

それに、見た目や形を変えていくプロセスで、新たな気づきがあったりします。

子どもとのコミュニケーションも形からはいると、心もあとからついてきますよ。
こちらは、「子どもへの愛を形からはいって」すぐに効果が出て親子関係が変わり、しかもリバウンドしにくい方法です。まずは、ひと言だけ、変えてみませんか?

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-, ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.