甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

「すべてのワガママを受け入れる」ことを一番大切にしています

投稿日:

昨日テレビで「となりの人間国宝」(関西テレビ)を見ていたら、助産師さんが出ておられました。

40年助産師さんをされてて、なんと4000人の赤ちゃんをとりあげられたそうです。

それでこの方が、出産のときに大切にされていることは、妊婦さんの

「すべてのワガママを受け入れる」

ことだそうです。

「こうしてほしい、あーしてほしい、しんどい!ってお産のときに言うでしょ、それを全部聞いてあげるの。すると自分をさらけ出せるでしょ。そしたら関係が良くなるからね。

ともおっしゃってました!

仕事だからとか経験があるからとか、そういうのじゃなくて、
これこそ、人間の愛!だと思いましたね。

母と子も、同じことが言えるんです!
「ワガママ」というと、誤解されるかもしれないけど、

「つかれた~ お茶ちょーだ~い」
て子どもがしんどそうにしてたら、
「そのくらいで疲れるなんて!」
とか言わないで「疲れたね~」てねぎらってあげよう。
うちで弱音をはけるから、外でがんばれるんだよね。

とテレビを見ててちょっぴり反省したのでした。

甘えるのは、自分をさらけ出すのは、こちらを信頼してくれてるということ。
やっぱり甘え・甘えらえる関係って、信頼関係があってこそなんですね。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.