甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

子どもの言うこと、どこまで聞けばいい?

投稿日:

こんばんは。
10才までの親子の会話アドバイザー 市川弘美です。

うちの子、甘えたで。。。
このまま、なんでもやってあげてると、自立が遅くなったらどうしよう。。。と、

もしかしたら、心配されていますか?

結論からいうと、

大丈夫です(^-^)

子どもが「ママ、やって」とか、「ママ、てつだって」と言うぶんには、ぜーーんぶやってあげても、過保護にはならないと思います。

過保護になるのは、どんなときかというと、
・やってあげるから、このあと、おりこうさんにしてて。
・やってあげたら、次はがんばるのよ。
・このあとは、キゲン良く一人で遊んでね。

というふうに、その後のことを「先回り」してしまうときです。

今朝のことでもチョット振り返ってみましょう。

こちらのセミナーでも「子どもの言うこと、どこまで聞けばいい?」のギモンにお答えしますよ。

「これって過保護になってない?チェックシート」をご利用いただける特典もご用意しています。


「ママやって、って言われるたんびに、ホントにいいのかな~って悩むのよねー」というかたは、ぜひお越しくださいね。

セミナー後は、過保護にならず、「安心して甘えさせる」ことができるようになります。

子どもはママの愛情をたっぷり受けてスクスク育ちますね

(ノ^^)八(^^ )ノ

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.