甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

ダメというと、ゴネる。どうしたものか。。。

投稿日:

こんにちは。
10才までの親子の会話アドバイザー 市川弘美です。

子どもって「ダメよ」とママに言われたら、ゴネまくりますよね。
いったいなんなんでしょうねー。

ゴネれば、ママがワガママを聞いてくれるとでも思ってるんでしょうか。

ゴネれば、「ダメ」が「いいよー」になるとでも、思ってるんでしょうか。

あ、

あ、

あれ~?

そう言われれば、そうかも(;^_^A

・スーパーでお菓子を買ってほしい。
・のどがかわいたから、お茶があるのにジュースを買ってほしい。
・きらいなオカズは食べたくないから、わざとこぼす。

こんなとき、

いちど、「ダメよ」と言ったのに、子どもがウルサイので、結局「いいよ」と言ってしまった。

本当は「ダメ」だけど、子どもが「どうしても」とか、「おねがいだから」と迫るので、「わかったよ、いいよ」になっちゃった。

そんな経験はありませんか?

そして、「いいよー」と許したものの、過保護になってないか、甘やかしてないか、これでいいのかな~と不安なまま過ごしていませんか?

「過保護にならない上手な甘えさせ方」が分かるのはコチラです。
よくある事例で「これはOK、こちらは過保護」と具体的で分かりやすいので、あなたのお悩みにヒットしますよ。

過保護はイヤだけど、愛情たっぷりに育てたい!というかたにピッタリです。

これからは、安心して子どもを甘えさせてましょう♪

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.