甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

「甘えさせる」ってメンドクサイけど、カンタン♪

投稿日:

子どもがやる気ないなと感じたら、

ビシバシ!と厳しくなるのではなくて、それとは反対に「甘え」させてみましょう。

やる気がないのは、エネルギー不足。

ママは子どもの充電器なので、充電するには「甘え」が必要なわけです。

「うちの子、けっこう甘えてると思うんやけどなー」と感じていたら、次の事をチェックしてみてくださいね。

子「ママ~」

母「ゴメン、あとで」

子「おなかすいた」

母「そのへんに、なんかあるでしょ」

こんなふうに、応えていませんか?

当たり前ですよね、もぉ子どもが自分でできて当然のことだから。

2才や3才だったら分かるけど、小学校に入れば1人でおやつ見つけられるし、手伝わなきゃいけないことも、そんなにないですね。

ここで思い出してもらいたいのが「甘える」こと。

「自分ができることを人にやってもらう」ことが「甘え」です。

だとすると、

子「ママ~」

母「はーい、なぁに?」と子どものところへ行って話を聞く。

子「おなかすいた」

母「おやつ、みかんとクッキーとあるけど、どっちにする?」

子「クッキーがいい」

母「クッキーね、紅茶いれよう♪」

なんかメンドクサ!というかんじだけど、難しくはないと思うんです。

「甘えさせる」というカンタンなことで、子どもの心が満たされて、充電されて、やる気や自立につながっていきます。

子どもによって甘え方はそれぞれ。うちの場合はどう?というかたは、こちらで質問にお答えしています。良かったらのぞいてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.