甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

甘えさせ上手で安心感を育てよう

「小1、2学期から行きしぶり。学校まで送って行ったりの日々です。」

投稿日:

「小1。2学期から行きしぶり、学校まで送って行ったりの日々です。」

というご相談です^^

状況はこんなかんじですね。
・ママが毎日学校まで送っていく。
・先生に引っ張られて教室に入る。
・行ったら友達とも仲良く遊び、楽しい様子ということ。

友達の中に入ってしまえば、楽しいんですね。
それまで、ママの力を必要としています。

まず、学校に一緒に行くことのメリット・デメリットそれぞれを見ていきましょう。

・一緒に行くことのメリット
子どもは安心
家を出られる。

学校で友達と楽しい時間をすごせる。
登校中も挫折することはない。

・一緒に行くことのデメリット
ママの時間が取られる
いつまで続くのか、先が見えない。

2学期に元気に行けるかどうかは、夏休みの過ごし方が多少なりとも影響しています。

夏休みはどうでしたか?
しっかり充電できましたか?
それとも、スケジュールがいっぱいいっぱいで忙しかったかな。

もしも夏休みに充電するチャンスがなかったら、2学期明けてから、行きしぶるかもしれません。

運動会の練習がイヤとか、席替えで隣の席の子がイヤとか、何となくしんどいとか、本人は言葉で表せるほど単純ではないのでしょう。

ただ、そういうことがあっても、「エネルギー」が上回っていれば、学校へ行ける場合も多々あります。

そう、エネルギー切れを起こしているとしたら、行きしぶってしまうのです。

「行きしぶる」「ママと一緒に学校に行く」ことで、エネルギーを貯めているんですよ。

大人でも会社に行きしぶることってあります。
・今日は何となく会社に行きたくない。
・駅まではいつも歩くけど、今日は車で送ってほしい。

子どもも、学校という社会の中で懸命に生きていますね。

そして、人間には充電が必要。
 

学校から帰ってきたら、いっぱい話を聞いてあげること、一緒に遊ぶこと、ママに甘えることも充電に。

ママが充電器になって、いっぱい充電してあげたら、そのとき自然に手を離れていくでしょう。
 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-甘えさせ上手で安心感を育てよう
-, ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.