甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

子どもと遊んで五感と心を育てよう

上の子が下の子に優しくできない。

投稿日:

下の子どもが生まれると、とにかく手がかかりっきりになり、上の子にガマンをさせてるんじゃないかな。

だから、下の子に優しくできないのかな。
だから、反抗ばかりするのかな。

そんなふうに心配していませんか?

子どもはちょっとしたことで泣くし、逆にちょっとしたことでも喜びますね。
子どもがうれしいのは、「ママといっしょに遊ぶ」こと。

一日24時間のうち、ママのできるはんいで、その時間を100%上の子どもに使ってあげましょう。 
20分なら20分、10分の日もありますね。

10分間で子どもが大大大満足するコツはたった2つなんです。

・スマホ・ケータイは別の部屋に置いて、その時間は一切見ない。

・子どもの言うとおりにしてあげる。

こちらの記事にも、子どもの心を満たす遊び方のコツを書いています。

子どもが可愛いと思えないときの2つの対処法。
子どもと距離を置く、子どもに近づく、あい反する2つの対処法を書いています。
ムリもときどきしなければいけないのが母親業ですね。

仕事をしていて子どもの宿題を見てやれないんです。
仕事がおわって夕方帰宅してから、夜寝るまでの限られた時間の中で、1日10分間子どもだけのために時間を作って、楽しんでくださいね。

いっしょに遊んで、いっしょに笑って、いっしょに楽しむ。
子どもの心が満たされて、ママも子どもがいとおしくなり、いやされますよ。

子どもといっしょに笑ってすごす時間が、子育てを楽しくしてくれますね。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-子どもと遊んで五感と心を育てよう
-

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2019 All Rights Reserved.