甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

子どもと遊んで五感と心を育てよう

「子は親の心を映すかがみ」/私の気持ちのありようが、息子をイライラさせキゲンを悪くさせる。

投稿日:

こんにちは!甘やかさないで優しいママになる!専門家

親子の会話アドバイザー 市川弘美です。

『「子は親の心を映すかがみ」/私の気持ちのありようが、息子をイライラさせキゲンを悪くさせる。』

学校の日曜参観の代休の日、小6息子にテニスをせがまれ、近くのテニスコートを予約してテニスをしました。

正直「めんどくさー」と思いながら、コートに行きボールを打ってたんですね。

すると息子は、ちょっとしたミスですぐにキレたり、ラケットを地面に叩きつけたりするんです。キゲンがめちゃめちゃわるーーい。

そんな息子を見ると、こっちも余計にイライラ。

せっかく来てるのにっ!とか。

この状況が続くと、イライラのスパイラルにはまっちゃいますよね。

 

スタートから20分くらいして、「わたしがメンドウだなーと思いながらやってるからやな」と気づき、「2時間楽しむぞ!」と気持ちを切り替えたんです。

そうしたら、なんと!息子のようすもすぐに変わりましたよ。

ミスをしても「次はがんばろー」という姿勢を見せたり、うまくいったときに、オーバーに喜んだり。
はしゃいで楽しそう~にボールを最後まであきらめずに追いかける。

メンドウだなと思う心も、楽しもうという気持ちも、親の心って、もろ子どもに伝わりますね。

まさに、子どもは親の心を映すかがみだな、と実感したのでした。

image

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-子どもと遊んで五感と心を育てよう
-, , , , ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.