甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

やる気を引き出す関わり方

「すごいね!」の効き目が、あるとき~♪ ないとき~。

投稿日:

ほめことば「すごいね!」。

あなたは、子どもによく言いますか?それとも、あまり言いませんか?

「すごいね!」の効き目があるのは、結果よりもプロセス対して言うときです。
昨日までのなわ跳び最高回数が25回だったのに、今日は28回とべた!目標は30回だったけど、

親「3回増えた!すごいねー がんばったねー」
 と言われれば、

子「うん!あと2回で30回。もっとがんばる」
 となります。

もしも
親「あと2回だったのに、あしたもがんばろう!」
 と言われたら、

子「がんばったのに、できなかった」
という否定的な気持ちが残ります。子どもはがんばりを認めてもらえてないからですね。

すごいのは、「28回とべた」という結果よりも、25回から28回までとべるようになった「がんばり」。ソコに「すごいね!」と言うと、効き目がありますよ。

コミュニケーションのノウハウっぽくなってしまいましたが、こちらの本にもっと詳しく書かれています。

子育ては心理学でラクになる/DaiGo
¥1,080
Amazon.co.jp

この本を読めばラクになるかどうかは疑問ですが(笑)、なるほど~と納得することは多いですよ。

前半の「子どもは親の背中をみて育つ」を心理学的にわかりやすく説明してあるところは、特に興味深いです。
これについてもまた記事に書きますね。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-やる気を引き出す関わり方
-

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2019 All Rights Reserved.