甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

やる気を引き出す関わり方

子どもが伸びる「ほめポイント」は〇〇〇ができたとき

投稿日:

子どもが伸びる・上手にできるようになる「ほめポイント」は、とてもカンタン♪

子どものすることを、じーーっと見てると、あれこれ言いたくなります。

朝の着がえがすすまないと、
「早く着がえて、ご飯たべようね」

クッキーで電車あそびを始めると
「食べ物で遊んじゃダメよ」

テレビを見ていると
「テレビはおわって片づけようね」

そう、見てると目につくんです。
ホントは言いたくないな、っておもうときってありませんか?
イチイチ言いたくないけど、目につくから、つい声をかけてしまいます。

悲しいかな、子どもをじーっと見て上の会話のように、いっしょうけんめい子どもに声をかけているときは、子どもはぜんぜん動いてくれませんでした。

あるときは目をつむったり、あるときは子どもをちゃんと見て、ほめるポイントを押さえておいた方が良いなと気がついたんです。

そのポイントというのは、
子どもが「できて当たりまえのことができたとき」。

ズボンをはいたら
「ズボンはけたね」
(他は着れてなくても)

朝おきて顔をあらったら
「顔あらったてきれいになったね」

パンを一枚食べたら
「パン終わったね」
(ぜんぶ食べおわってなくても)

最後までできなくても、きれいに上手にできなくても、大丈夫!
子どもが、できて当たりまえのことができたときに、「〇〇〇できたね。」と声をかけてあげます。すると、子どもはそのことが上手になるんです。
自分からすすんでやるようにもなりますよ。
自分からやるようになると、ママはとにかくラクちんですね。

FullSizeRender.jpg

2016年の講座やセミナーのスケジュールが決まりつつありますので、明日の朝9時の記事でお知らせします。チェックしておいてくださいね。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-やる気を引き出す関わり方
-,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.