甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

やる気を引き出す関わり方

子育てはいたってシンプル~♪

投稿日:

子どもに勉強の質問をされると、つい、プラスアルファ~のところまで教えたくなりませんか?

例えば、

子「『弘法も筆のあやまり』って、どんなに上手な人でも、失敗することがある、っていう意味?」

親「そうよ、それとよく似たことわざは?」

子「・・・。『月とすっぽん』って、どういう意味?」

親「同じようで実はちがう、ってこと。それとよく似たことわざは?」

子「・・・。もぉー わかんなくなったよ!(`ε´)」

子どもは意味だけを知りたいのに、親は意味プラス「似たことわざ」もいっしょに憶えてほしい。ついでに憶えといたらええやん、と考えるわけです。

これがなぜか、子どもにとっては「大きなお世話」(;^_^A

だって子どもが知りたいのは、ことわざの「意味」ですね。そう、意味「だけ」なんです。

んーーーなかなかかみ合いません。

では、どうすればいいのでしょう。

「よく似たことわざ」は、別の機会にで教えてあげるといいですよ。

食事のときに、
親「さっきの、弘法も筆のあやまり、ってあれと似たことわざは、「猿も木から落ちる」だよ。」

子「ふーーん」

というふうに、子どもは話を聞くし頭にも入るでしょう。

子どもに意味を聞かれたら、「意味」を説明する。
似たことわざを質問されたら、「似たことわざ」を教えてあげる。

子育ては、いたってシンプル~♪で良さそう。

ついでにコレもと思いついたら、「あとで」食事のときに教えてあげましょう。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-やる気を引き出す関わり方
-,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.