甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

やる気を引き出す関わり方

夏休みの宿題バトルを減らす方法

更新日:

こんにちは。市川弘美です。

夏休みの宿題を子どもに教えるのって、ちょっとユウウツなことはありませんか?

こんな会話になるからです。

<Before>

子「ママ、ここ教えて」
母「あ、えっとー。ここはね、こうやって、これをこうして」
子「もぉ、いい!」
母「えーだって教えてっていうから教えてるのに」
子「もぉいいよー、あっちいって!」

なんでこうなるの~ですよね。
途中でやめてしまうと、分かってるかどうか心配だし、子どもはなぜか途中からキゲンが悪くなったり怒りだしたり。

もぉ、それならなんで聞くのよ!と思ってしまいます。

<After>

子「ママ、ここ教えて」
母「えっとー コレは〇〇よ」
子「分かった!ありがとう」

会話だけ見ると上も下も変わりないようですが、中身がぜんぜん違うんです。

実は、子どもに宿題を「教えて」と言われたときに、子どもにスーッと受け入れられるコツは、

「教えない」

ことなんです。

は~?ワケわからんわ、というかんじですが、実際「教える」モードになると、子どもは「もぉいい!」と拒絶します。

それは、子どもはママに「やり方を教えてもらいたくない」けど「答えを言ってほしい」からです。

このあたりはジックリこちら≫≫≫でお話させていただきますね。

夏休みの子どもの宿題が、わたしの頭痛のタネというかた、今年こそ、宿題バトルにピリオドして子どもと笑い合って楽しい夏休みにしませんか。

IMG_1232.JPG

◇お知らせ◇

募集中
7月7日(木)10時半~神戸北野異人館カフェでお茶会
「夏休みのイライラ解消術」

ジュエリーハート8月25日(土)趣味起業EXPO  11時~セミナー
『思春期がラクになる、10才までの信頼関係の土台づくり』(仮名)

テレビ10月3日(月)10時半配信スタート
『つながる!学べる!楽しめる!ママのための60講座見放題チャンネル』
7月1日から視聴申込み受け付けます。

メニュー市川弘美 サービスメニューいちらん

K子メールこちらをクリックしてお気軽に質問やお問合せくださいね。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-やる気を引き出す関わり方
-, , ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.