甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

やる気を引き出す関わり方

子どもがほめられてもぜんぜん嬉しくないとき

投稿日:

子どもが、イヤなことを最後までやりとおしたとき、私たちが子どもによくかけることばがありますね。それは、

「にがてなのに、よくがんばったね」。

ところが当の子どもは、イヤなことが終わったあと、言われても嬉しくないそうです。

息子が、高野山での朝のお勤めのことを思い出して話してくれました。
この日の朝のお勤めは、「1時間の瞑想」。
9才男子には、本人いわく、「じごく」「さいあく・さいてー」だったそうですよ。

「ほんま、あのときはイヤやったー。」

「終わったとき、みんな『がんばったねー』って言ってたけど、全然がんばってなんかないし、この時間返してくれ!って言いたかった!」

『がんばったね』っていう周りの大人の声かけは、ぜんぜん嬉しくなかったそうです。逆に「何言ってんのー」って反抗的に思ったとか。

イヤなこと最後までやりとおして、カレが思ったことは、
「ムダな時間をすごしてしまった、返してほしい」。

それに共感することばは、もちろん「がんばったね」ではなくて、「時間ムダだったね」。

「がんばったね」って、大人の勝手な思い込みで、都合のいいことばなのかもしれませんね。

こんにちは!甘やかさないで優しいママになる!専門家

親子の会話アドバイザー 市川弘美です。

『』

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-やる気を引き出す関わり方
-

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.