甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

やる気を引き出す関わり方

「夏休みの宿題を最後の3日間でやってしまう」のを怒ってはいけないもっともな理由

投稿日:

実は、わたしも、「ギリギリまでやらない」そういうパターンでした。

昔は宿題も多く、毎日の絵日記、感想文も自由研究もポスターもあったので、さすがに3日間ではムリっだったけど( ̄ー ̄;

 

「夏休みの宿題を最後の3日間でやってしまう」

それは、そういうタイプらしいです。

先日、こちらで私のようなタイプの人は、崖っぷちまで宿題をやらない傾向にあると、教えてもらいました~^^

言い訳するつもりはないんですが、早く終わるから「良い」、遅く終わるから「悪い」ってないかな~って。

7月31日までに宿題をすませるか、9月1日までに終わるか、の事実だけ

ママはイライラしながら、30日間くらい子どもを怒りっぱなしかもしれません。

「まだなの!なんでやらないの!」

「まだこれだけしか、終わってないでしょ。」

「そんなんで、大丈夫なの?」

と。

ただ、わたしはそういうタイプである自分を、これじゃいけないよなーと自分で責めていました。

マイナス感情ですよね、自分を肯定できないわけです。周りのからも否定される。

それでは、いつまでもその習慣を変えることはとても難しいです。

けれど、そういうタイプなんだーと分かってからは、すんなりと自分を受け入れて肯定できて、その習慣をその日から変えることができています。 不思議ですねー!

カンペキではないが。。。

まぁ、やらなくて困るのは自分自身。

子どもの宿題は子どものもの。

残り3日間と崖っぷちになったときの「力」はものすごいらしいので、ソコは信じてあげてくださいね♪

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-やる気を引き出す関わり方
-, , , ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.