甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

やる気を引き出す関わり方

「理屈っぽい子ども」とのバトルは、〇〇するだけで楽しい会話に!

投稿日:

「小6息子。理屈っぽい子どもとのバトルが多いです」

というご相談です。

え!?小6息子ですか!我が家とおんなじですねー。

メチャ親近感(^_^)

うちの息子もだんだんと口がたつようになり、ふつうの会話がいつの間にかバトルになっていることがあります。

なぜか、こちらがイライラしてしまうんですよねσ(^_^;)

「理屈っぽい」ということは、筋道を立てて理論的にものごとを考えられるということ。しかもそれを言葉で表すことができる。

すんっばらしいですね!

理屈っぽい息子と楽しく会話をするポイントは1つ。

・議論しないで、息子の話を最後まで聞いてあげる。

こちらが何か言うと、必ず反論してきて、自分の理論を展開する息子。

その息子の理論を、最後まで聞いてあげます。

途中で、「そうは言ってもね・・・」と口をはさみません。

つまり、「聞き尽くす、話を出し尽くさせる」ことです。

同意したりする必要はありませんよ。

「うん、うん」と首を縦にふり、「へ~~」「そうなんだ」と反応しながら、最後まで聞くだけ。

こんなこと考えてるんだーって新しい発見があるかもしれませんね。

「聞いてもらった感」があると、子どもはそれだけで大満足!

それに、「理論的」という長所は、母親に話を聞いてもらえることで、グングン伸びていきます。

子どもは、話し尽くしたら、話すこと無くなっちゃいますよ。

話が終わったら、急に素直になってたりして~♪

 

じゃぁこっちの主張は、いつ伝えるの?

というタイミングについては、次回にお伝えします。

まずは、子どもの話を最後まで聞いてみて、子どもの反応を見てみましょう♪

IMG_2138.JPG

※「もぉー運転ヘタやな~」と息子に理屈で責められる母の図。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-やる気を引き出す関わり方
-, ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.