甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

聞き上手で気持ちを受け止めよう

会話がとぎれて、「結局どうしたいの?」と分からないことが多い。

投稿日:

子どもとの会話がとぎれる。
子どもが最後まで話をしようとしない。
いくら聞いても、話さない。

子どもが、「プールに行きたくない」
と言うので、理由とか聞いてると、途中で何も言わなくなってしまった。結局子どもが考えていることが分からなかった。よく会話が途中で終わってしまう。

こんなふうに困った経験はありませんか?

子「プール行きたくない!」
母「どうして?」
子「だって・・・・」
母「だってじゃ分からないから、ちゃんと話して」
子「・・・・・」
母「何がイヤなの?」
子「・・・・・」
子どもが話すのをやめてしまう。

次は、ちゃんと聞いてあげようと思って、
子「プール行きたくない」
母「そうか、行きたくないんだね」
子「・・・・・」
子どもが話すのをやめてしまう。

後者の会話、一見、子どもが何か言いたげで、でもやめてしまったので、とても気になる。行くのか行かないのか、自分で決めてほしい。最後までちゃんと話してほしい。
って思いますよね。

ただ、前者の会話をこれまで続けていて、後者の会話になっても、やっぱりしばらくは、子どもが話さないことが続くかもしれません。
ただ、「そうか、プール行きたくないんだね」とママが言ってくれたことで、子どもはママに理解してもらって、とても安心していますよ。

会話の長短にかかわらず、子どもの「聞いてもらった感・分かってもらった感」が満足していることが、カギなんです。

「分かってもらった感」が満たされると、安心します。
安心は、「やる気」の土台になりますよ。
土台をしっかり作っておくことが大切ですね。

次回は、親は子どもの話を「聞いてる」と思ってるのに、子どもは「聞いてもらった感」が薄く、プチ不満をためてしまう、ケースを取り上げますね。お楽しみに~。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
◆お知らせ◆
3月11日に、上のような会話メモを振り返る、ベストコミュニケーション・ノートのグループセッションをします。

グループ・セッションは、悩みをシェアして、お互いの会話やアドバイスを参考にできるところがメリットです。
「いろんな方の生の悩みが見えて良かった」と好評です。

◆日時
3月11日(水) 10時~12時
のうち、ご希望の日にちをリクエストしてください。
◆場所:神戸三宮
(お申し込みの方にお知らせします)

◆参加費:お一人 3000円

◆お申し込み

こちらの申し込みフォームからお申込みください。

※あと2~3名様お申し込みいただけます。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-聞き上手で気持ちを受け止めよう
-

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2019 All Rights Reserved.