甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

聞き上手で気持ちを受け止めよう

『子どもが心を開いて話すようになる接し方・聞き方』で押さえておきたいポイント

投稿日:

こんばんは!

思春期がラクになる!親子の会話アドバイザー 市川弘美です。

子どもが「話してくれない」ことって多いですか?

・うちの子ぜんぜん学校のようすを話してくれない。

・どうだった?って聞いても、「とくに」、「べつに」、「まぁまぁ」。

・途中で「もぉいいよ!」となぜかキレてしまう。

子どもと会話がとぎれて、もっと聞きたかったのにとガッカリすることってありますよね。

子どもは必ず大好きなママに、いろいろと聞いてもらいたいはず。

子どもの話を聞くときに大切なことは、こんな風に子どものペースに合わせることです。

・子どもの「今」を聞くこと。

・子ども自ら「話したい・聞いてほしい」という気持ちが湧いてくるときに、聞くこと。

・子どもが聞いてもらいたいことを、聞いてあげること。

このあたりのポイントを押さえていると、子どものほうから「ママ、あのね~・・・・」と色々と話してくれて、子どもの学校でのようすとかがよく分かり、安心できますね。

『子どもが心を開いてくれるようになる接し方・聞き方』については、こちらの動画セミナーコツとタイミングを、具体的にすぐに実践できる内容でお伝えしていますよ(^ ^)/

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-聞き上手で気持ちを受け止めよう
-, , , ,

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.