甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

伸ばすほめ方・伝わる叱り方

「どうして、何回も同じこと言わせるの!」と感情的に当たるのをやめるには。

投稿日:

いつもありがとうございます。

親子の会話アドバイザー 市川弘美です。

『「どうして、何回も同じこと言わせるの!」と感情的に当たるのをやめるには。』

子どもが宿題を、なかなか始めない。学校から帰ってから、マンガやゲームでダラダラ。

こんなときは、最初はおだやかに、

「そろそろ、宿題しようか~」と声をかけはじめ、

「早く宿題しなさいよ」になり、

「さっきから、〇〇しなさいって、いってるでしょ!」

「どうして、何回も同じこと言わせるの!」

と、なぜか声も大きくなり、ヒートアップしてしまいます(;^_^A

やめたいと思っていても、やめられないどころか、毎日おなじことを子どもに言い続けることに。

感情的になって怒ると疲れちゃいますよね。

あとで自分を責めたり。。。

もう、言いたくないことは、言わない!生活ってできるのかな~?

どんな声かけがあるか、見てみましょう。

「早くしなさい」を言い換えると、

「宿題をやるのが夜になったら、眠たくなって時間もかかっちゃわないかな」

「ママ宿題を見てあげられる忙しくないうちに、始めてくれると助かる」

「テレビを9時まで見て、宿題と寝るのが遅くなると、明日は起きられるかな、ママ心配だわ」

こんなふうに、ママの思いや理由それに状況とかを具体的に伝えると、子どもって意外と

「わかった。じゃぁあと10分してから」

な~んて、いうことを聞いてくれるときもあります。(毎回ではないですよ。)

「早くしなさい」だけでは、伝わらないってことですね。

「伝わる叱り方」ができると、子どもとの会話もスムーズです(^ ^)

「伝わるほめ方・叱り方」を、4月から新しく始めるメール講座でお伝えする予定です。

もちろん、無料です(^ ^)

子どもを大きな声で叱ってぜんぜん効果なし!とか悲しいできごとにピリオドしちゃいましょう♪

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-伸ばすほめ方・伝わる叱り方
-

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2018 All Rights Reserved.