甘やかさないで優しいママになる

ママ育の視点|mamaiku.view

伸ばすほめ方・伝わる叱り方

1つの「できた!」に対してほめるタイミングは6回以上!

投稿日:

・うちの子、ほめるところが見つからない。

・ほめても、子どもが喜ばない。

・ほめるのは、いけないの?それとも良いの?

そんなふうに感じているかたは、子どもをいつもより少し多いめに観察して、「当たり前のこと」をほめてみてください。

子どものやる気がグングン伸びていきますよ♪

・朝起きたら「おはよー 今日も元気だね」

・顔を洗ったら、「顔キレイになって、さっぱりしたね~」

・テレビが終わって消したら、「テレビは時間通りに終わったね」

というふうに。

そして、1つのことに対してほめるタイミングは、6回以上あります。

1)できた!そのとき

「テレビ、時間どおりに、終わってスイッチ切ったね」

2)ご飯を食べているとき

「テレビは約束の時間どおりだったね」

3)一緒にお風呂に入っているとき

「テレビの約束、守ってくれてありがとう」

4)寝る前

「テレビは時間どおりだったね」

5)翌朝起きて、朝ご飯のとき

「昨日、テレビの約束守れたね」

6)数日後に同じことができたとき。

「さいきん、ちゃんとテレビの時間守ってるね」

書いてならべると、クドイかも(笑)

「ほめる」というより、子どもがやっていることを、そのまんまフィードバックするかんじですね。

実際は、1)~6)のタイミングぜーーんぶというのは少ないと思うので、この順番でなくても「あ、そうだ!」と思いついたとき、声をかけましょう。

ほかにも、テレビや絵本で似たようなシーンが出てきたりとか、ほめるタイミングって、けっこう多いですよ。

一度で終わらず、2回目以降、少しだけ意識して、子どもをほめてみてくださいね♪

当たり前のことも、がんばっていることや好きなことも、何でもOKです。

ただし、ムリヤリやらされていることは、ほめられても、子どもは嬉しくありません。ソコだけ気を付けてくださいね。

ほめることは、上手になることにもつながりますが、子どもの自己肯定感や根拠のない自信を育てます。

ママは、ほめていると、我が子の成長を実感できて、子育てに喜びを見出せますよ。

image

ちなみに、小6息子を同じことで何回かほめると、3回目くらいで、

「もぉ、分かった!うざい」とそっぽを向かれます。

テレもあるし、本当にうざいのかも(笑)

それでも、ほめることを、やめたりはしません。やめると叱るばっかりになりそうなので( ̄ー ̄;

いずれにしても、何才になっても、当たり前のことを気がついてもらえたり、ほめられるって嬉しいものですよね♪

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-伸ばすほめ方・伝わる叱り方
-

Copyright© ママ育の視点|mamaiku.view , 2019 All Rights Reserved.